はじめての方へ - BPOとは

BPOとは

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)とは、自社の業務プロセスを外部の企業に委託することを指します。

外部環境の変化が激しさを増し、スピード感を持った事業展開が求められるようになると、企業には内部リソースを最大限に活用することが求められます。
社内の人材には、付加価値性が高くて事業貢献する業務を担ってもらいたい。間接部門も例外ではなく、生産性向上は勿論、事業インパクトをもたらす施策の立案・実行などを通じて戦略的な貢献を求めたい。
しかし、潤沢なリソースはありません。少子高齢化による労働人口減少、雇用流動化と売手優位の労働市場、働き方改革。ひとりひとりのリソースを最大限に活用しつつ、不足しているリソースは外部委託し、ビジネスのスピードを落とすことなく事業展開していくことは、重要な経営判断のひとつとなっています。

外部のリソースを活用するという視点では、人材派遣やパートスタッフなどの採用も選択肢としてあり得ますが、一部の業務を切り出すことに留まるうえに、指揮命令や業務管理は内部リソースでおこなう必要があります。
しかしBPOでは、その名の通りビジネス・プロセスをアウトソーシングするため、小さな業務タスクではなく、一連のプロセスを外部委託することが可能です。
貴重な自社リソースが日々の業務オペレーションから解放され、業務管理工数も大きく抑制することができるので、コア業務(高い付加価値貢献をもたらす業務)にシフトさせることが可能となるのです。

また、BPOサービス事業者は複数の企業から業務を受託しているため、特定の業界や業務について一定の知見を蓄積しています。
この専門性や経験を活かして、自社の業務プロセスの見直しを実現することもできます。

国内企業がBPOに期待するポイント

  • 経営資源のコア業務への集中
  • 組織のスリム化
  • 業務プロセスの改善
  • 専門的知識・スキルの活用
  • 業務生産性の向上
  • コスト削減
  • 業務運用の安定性
  • 自社の業務プロセスやITシステムに合わせた柔軟な対応
  • 業務品質の向上

成長を続ける国内BPO市場

IDC Japanの市場予測では、2017年~2022年の間、年間平均成長率3.6%で拡大し、2022年の市場規模は8,769憶円とされています。

国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)サービス市場 支出額予測:2017年~2022年

“ BPO サービスの利用を、単なるコスト削減だけではなく業務改革の一環と捉える動きも広がりつつあり、生産性のさらなる向上を目的としたAI(Artificial Intelligence:人工知能)やRPA(Robotic Process Automation:ロボティクスによるプロセスの自動化)などの活用も進みつつある。”

出典: IDC Japan プレスリリース「国内BPOサービス市場予測を発表」(2018年4月4日)

業務コンサルティング・BPOに関するお問合せ