RPA導入支援コンサルティング

RPA導入支援コンサルティングとは

RPA導入支援コンサルティングとは、業務の自動化を実現するために、
豊富な導入実績ノウハウを活かして効果的な支援を行うコンサルティングサービスです。

  • 導入検討段階でサンプルシナリオを作成。お客様環境にて業務の一部を自動化し、小さい範囲で効果を確認
  • 業務を棚卸し、RPA導入効果の高い業務を選定、優先順位に沿ってシナリオ作成を支援
  • 効果を最大化するために人とRPAを組み合わせた、新たな業務プロセスを構築
  • WinActor正規一次代理店
  • 働き方改革実現手法としての「RPA導入プロジェクト」の立上げ・推進も支援可能

こんな問題でお困りではありませんか?

導入前

  • そもそも自社の業務が自動化できるのか
  • どの業務に適用すれば効果的なのか
  • 導入して、費用対効果が出るのか
  • 製品により価格差がありどれを選べばよいかわからない

導入時

  • どのような手順で導入すればよいのかわからない
  • RPAに対する学習時間が限られている
  • シナリオ作成が思うように進まない

導入後

  • 一部業務にしか適用できず、費用に見合った効果が出ていない
  • IT知識は不要と聞いていたが、シナリオ作成が難しく上手く活用できていない
  • ITベンダーに導入を依頼したが対象業務の選定に不安がある
  • トライアルは上手くいったが拡張段階で導入展開スピードが落ちてしまった

RPAは業務自動化の有効な手段です。
効果を最大化するには、
業務プロセスを再構築することが重要です。

人の作業とRPA作業を組み合わせて業務プロセスを構築

RPA導入支援コンサルティングで
解決します

キヤノンビズアテンダの
RPA導入支援コンサルティング
  • 業務改善実績
  • WinActor活用実績
  • WinActor正規一次代理店

長年多様な業界、多様な業務運用を担ってきたBPOベンダーの当社には、
業務改善に対する視点と改善のアプローチがあります。
さらに、BPO案件でのWinActorの活用、お客様への導入支援コンサルティングなど、
WinActorに対する導入・運用実績があります。
RPA導入支援コンサルティングは、こうしたノウハウを活かし、製品導入に留まらない「お客様の業務を変える」サービスです。

BPOベンダーとしての当社の特長はこちらをご覧ください。

キヤノンビズアテンダのBPO

コンサルティングプロセス

導入検討フェーズ

お客様環境においてWinActor試用版を導入し、サンプルシナリオを用いて基幹システム等と連動できることを確認いただきます

事前ミーティング

  • WinActor製品説明
  • 事例紹介
  • ヒアリング(適用領域、想定シナリオなど)

トライアル/実行環境確認

  • ヒアリング内容に基づきサンプルシナリオを作成
  • システム連動などを試行、確認
  • 想定効果や改善点のディスカッション

お客様による継続テスト
(試用継続)

  • お客様目線でシナリオ作成、変更などサンプルシナリオを含め自由に試用

お見積り

導入フェーズ

WinActorのシナリオ作成による業務自動化だけではなく、業務プロセス見直しやご担当者様へのレクチャーを通じて活用効果を高めます

RPA導入範囲確定/
要件定義(人的作業とRPA融合)

  • RPA導入に向けた体制構築
  • 現状業務プロセス可視化/観察
  • 適用領域の検討・決定支援
  • 業務プロセスの再構築
  • ミニシナリオ(一部機能)作成

シナリオ設計/運用テスト

  • シナリオ作成
  • テスト実行支援
  • シナリオ改修(適宜)

ご担当者様向けレクチャー

  • 業務マニュアル作成
  • 運用ご担当者様/管理者様向けレクチャー実施

継続支援 お見積り

運用フェーズ

業務やシステム変更に伴うシナリオメンテナンスや、RPA導入拡大など、稼働後のサポートもお任せいただけます

シナリオメンテナンス・新規シナリオ作成

継続支援:

  • シナリオ定期メンテナンス
  • 新規シナリオ追加作成
  • 訪問型運用支援

導入拡大支援サービス

継続支援:

  • RPA推進プロジェクト支援
  • RPA推進ルール作成支援
  • 実行展開支援
  • シナリオ作成、稼働障害問合せ対応

WinActorの推奨理由日本企業の現場が使えるRPA

RPAは、欧米のベンダー中心に多くの製品が存在します。
しかし、日本企業の現場が、主体的に使える製品は多くありません。
当社では複数の製品を使い分けていますが、導入しやすく、成果をあげやすいRPAとして推奨しているのが「WinActor」です。

プログラミング能力は不要

純国産RPAであるWinActorは、日本語処理ボタンの組合せにより、自動化処理を定義します。他のツールより現場で手軽に導入可能です。

WinActor
IT知識のある業務担当者
※Excelマクロ作成経験など
他ツール
SE・PGレベル
※.NET Frameworkなど

分かり易い日本語GUI・画面で
社内メンテナンスが容易

RPAという言葉が生まれる前から、NTTグループ各所で活用・改善されてきたWinActorは、GUIも画面もイメージが掴み易く、メンテナンス時の負担を減らせます。

WinActor
日本国内での業務処理を行うために開発
他ツール
欧米での業務処理をおこなうために開発

キヤノンビズアテンダは、BPOベンダーとしての長年の業務改善の視点を活かし、運用視点で導入ノウハウを提供します。
WinActorは純国産・完全日本語対応で現場での活用・社内メンテナンスを促進します。

WinActor 正規一次代理店 キヤノンビズアテンダ株式会社

RPA導入支援コンサルティング実績例

表は横にスクロールできます。

部門内容効果
経理部門毎月初の請求書作成のための転記業務で利用転記業務のヒューマンエラーゼロ、工数の50%削減を実現
勤怠データの基幹システム登録に利用システム登録時のヒューマンエラーゼロ、工数の95%削減を実現
業務管理部門勤怠未登録者のメール催促に利用定形業務の自動化、工数の95%削減を実現
人事部門勤怠管理帳票作成に利用工数の96%削減を実現
事業部門受注システム登録に利用業務担当者の20%削減を実現
システム部門新システムへのマスタ登録に利用登録作業の24時間稼働、30人月以上の工数削減を実現
情報システム部門新旧システムのコンペアテストに利用比較作業のヒューマンエラーゼロ、工数の75%削減を実現
管理部門日次報告書作成のためのデータ収集、登録に利用一連の作業をほぼ自動化、工数の98%削減を実現

導入企業インタビュー

働き方改革実現に向けてRPA導入プロジェクト立上げから運用まで手厚くサポート

RPAを導入する際、第一歩として部門導入から始めるケースの他、働き方改革実現の一貫として、
全社展開を前提にした「RPA導入プロジェクト」を立上げるケースが増えています。
総務省もRPA導入による業務自動化により、生産性向上を推奨しています。
そこで当社では、プロジェクト立上げから推進体制、事務局支援、運用体制の支援まで
RPAを全社展開するために必要な全てのステップにおいてサポート致します。

企業様の数々の働き方改革プロジェクト

RPA導入プロジェクト

業務コンサルティング・BPOに関するお問合せ